FC2ブログ

創業・第二創業促進補助金

平成27年度「創業・第二創業促進補助金」の公募が開始されました。産業競争力強化法に基づく認定市区町村において、本年3月2日以降に創業する方(創業の場合)が応募できます。

 交付決定がなされると①人件費②店舗等借入費③設備費④士業への謝金⑤旅費等が補助対象経費となります。
補助率は、3分の2以内で、100万円以上200万円以内です。

 公募は、5月8日となっており、非常にタイトなスケジュールとなりますが、創業等を考えておられる方は、一度ご検討してみてください。
スポンサーサイト



サイバー法人台帳ROBINS

サイバー法人台帳ROBINSとは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が全国社会保険労務士会連合会と協力し、社会保険労務士が提供を開始する「経営労務診断サービス」の診断結果をネット上で情報提供するシステムです。

 近年、企業の勤務環境に関する情報がインターネット上で多く取り上げられ、いわゆる「ブラック企業」という言葉が生まれるなど、社会的に企業の労務管理状況への関心が高まってきています。このため、企業イメージや人材確保を考える上で、健全な労務管理を実施するだけでなく、その姿勢を広く社会にアピールすることが重要となっています。

 社会保険労務士が企業の経営労務管理に関わる基本規定(就業規則等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等)に関する項目について確認・診断を行うサービスを行い、診断する項目のうち法令にかかる部分(必須項目)をクリアした場合、その結果を、企業に関する「信頼できる情報」を掲載するデータベースとして「サイバー法人台帳ROBINS」に、社会保険労務士確認済み情報として公開することができます。
 また、例えば平均勤続年数、女性役員・管理職数のような、基本的数値情報における任意項目を公表することにより、企業が特に力を入れている取り組みをアピールすることができます。

 採用等にも有利に働きます。3月には城谷も確認者として登録を致しましたので、ご興味のある方は是非、一度ご相談ください。
         
プロフィール

城谷裕司

Author:城谷裕司
知らないことで損をしてませんか?
 法律の施行前には、法律を国民に公布することにより知らしめております。
 法律や手続きを知らないことは、自らのリスクとして受け入れなければなりません。
 弊所は、司法書士・行政書士・社会保険労務士等複数の資格を併せ持ち、皆様の疑問を総合的に判断・解決し、皆様にご満足いただけるよう頑張っております。